2016.07.14

熱中症対策

蕨では湿度の高いムシムシした暑さが続いています。

熱中症を予防することを目的とした暑さ指数~WBGT値~というのがあります。
気温だけでなく、湿度やコンクリートなどの照り返しなどを指標とした数値になります。

さいたま市の本日14時時点でのWBGT値は29.3度。28度以上になると熱中症にかかる人は急激に増加するそうなので、29.3度は厳重警戒レベルになります。

熱中症の発生時刻は疲労度が蓄積する14時から16時にかけてが多いそうです。また、業種別では依然として建設業の方のリスクが高いです。

作業環境の中で難しい部分もあるかと思いますが、
個人でできる予防の対策として、
1.のどの渇きにかかわらず、作業前後と作業中に20分から30分毎にスポーツドリンクをカップ1杯摂取。
2.空調服や通気性、透湿性の高い服装を着用。などが効果的だそうです。

めまいや大量の発汗などの初期症状がでたら、無理をせず、涼しい場所に避難するなどして、どうぞ適切な処置を行っていただければと思います。

当店もクエン酸や酸っぱい飴などをご用意しております。
暑さはこれからが本番です。
どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。
レジにおいてあります